« 予想結果(20081228) | トップページ | 「各馬印の年間成績(その2)」 »

2008年12月29日 (月)

各馬印等の年間成績(その1)

当ブログでは、各種馬印を掲載していますが、実際の的中率・回収率はどうなっているのか

知りたい方が多いかと思いますので、データを検証してみました。

なお集計は、08/01/01~08/12/09期間のデータを使用しています。

最新データまででないのは、集計データ作成後しばらく放置していた為です。

また集計は馬印のみでなく、各種指数、人気順なども比較として集計してあります。

項目)

・当該レースで付加された馬印・人気順(白色)

・当該レースのTarget指数(ZI)順(緑色)

・当該レースのマイニング値順(水色)

・当該レースのカツラギ指数順(黄色)

・当該レースで単勝オッズが1倍台(青色)

・前走で付加された馬印または前走着差・着順・3F上り順(ピンク色)

なお項目が重複しているデータ(例:1番人気でZI指数1位 等)は、 其々の項目にダブってカウントしています。

集計データは、各集計で上位30位までを抜粋して掲載します。

※「実着差」:平均着順-平均人気

○単勝率

単率.JPG 

・勝率は「SS」馬がトップですが「オッズ1.0~1.9」と大差が無いという結果になっています。

 回収率も同様ですので、手間隙掛けて探す「SS」馬の価値に、疑問符が付いてしまいました。

 唯一のメリットとしては「オッズ1.0~1.9」に比べ、該当頭数が少ないので、 投資額を抑える事が出来ることでしょうか。

 実際は、他の馬印等の状況も踏まえて絞込みを掛ける、または馬券種(馬単軸)や、

コロガシ等の工夫することが必要です。一方「カツラギ指数1位」は、先のソフト紹介でも書きましたが、

この結果からも 的中と回収率のバランスが優秀なことが判ります。

○単勝回収率順

単回.JPG 

単勝回収率は「前走馬印②」の馬が100%を超えています。

「実力上位の馬が、何らかの理由で勝ち上がれなかったが、次走は順当に勝利をつかんだ」という

当たり前の理由で、尚且つ「前走勝てず、オッズが下がったことで回収率が上がった」結果と見ています。

前走負けた理由(相手・馬場・騎手・ヤリヤラズ等)と、次走の状況を見極めれば、

的中率・回収率の向上が見込める為、有益な着眼点になると思っています。

前走「着差0.0」の馬が2位については、前走の実績から「前走馬印②」よりも勝ち上がる可能性が高いが、

万人向けに狙われ易くなる為に、回収率が低くなっているのだと思います。

類似項目の「前走2着」というものがあります。結果を見ると、的中率はほぼ同等ですが、

回収率はかなり悪くなっています。「2着」といっても着差は様々ですし、着順だけからの過剰人気馬が

含まれる為と分析しています。

その中で、やはり「カツラギ指数1位」は、優秀な結果を残していることがわかります。

また「ZI」「マイニング」と比較しても、「指数1~5位」すべてがランクインしており、安定性が高いこともわかります。

○複勝率

複率.JPG

複勝率上位は、単勝率とほぼ同じ顔ぶれになっています。

このデータから「SS」(「単勝オッズが1倍台」も同様)の高確率からのコロガシや、

回収率の高い「カツラギ指数1位」でのコロガシを、戦法として考えつきます。

しかし前者の場合でも、

2回コロガシの想定成功率は61.6%、3回になると48.3%まで落ち込みます。

ほぼ2回に1回の確率で、3回コロがるとしても、平均オッズが1.45以上無いとマイナスになります。

後者ですと、3回コロがるとして5.7回に1回成功になるので、平均オッズ1.8位が必要となります。

儲けを出す為には、更に上積みの成績が必要となりますし、複勝回収額が100を切っているので、

的中時に好倍率でないと利益が出せません。

よって前後者何れの場合も、絞込みによる的中率の向上を画策するか、

追い上げで小気味良く的中させる必要有と思います。

(実際は、低倍率なので追い上げ条件に当て嵌まりませんが)

○複勝回収率

複回.JPG

複勝回収率のデータです。このデータのみについてのコメントは有りません。

「連対率」と「着差」集計と「来年の狙い」については、明日にでも掲載します。

|

« 予想結果(20081228) | トップページ | 「各馬印の年間成績(その2)」 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535007/26610886

この記事へのトラックバック一覧です: 各馬印等の年間成績(その1):

» 半年で3000万円をたたき出して究極の馬券術 [年間938万儲けた驚異の万馬券的中方法]
「なんだよ、的中自慢ならよそでやれよ凸(゚Д゚#)」「ハイハイ、当たって良かったねー(# ゚Д゚) )」あわわわわwすいません、ちょっと怒りを止めて話を聞いてください(汗)別に自慢したくて、こんな画像を貼り付けたわけではないんです。この『証拠』を公開した本当の理由、それは、「私のような労働意欲すら無い凡人でも、 人生を逆転出来るほどの大金を手に入れられる方法がある」それを、お伝えしたかったからです。これははすべてここ数ヶ月の直近の成果です。他にもこの場でご紹...... [続きを読む]

受信: 2009年1月 6日 (火) 16時46分

« 予想結果(20081228) | トップページ | 「各馬印の年間成績(その2)」 »