« 「SS」馬の結果集計について | トップページ | 「軸馬」から「馬券」への展開 »

2008年2月26日 (火)

ソフトウェア(Target編その2)

ソフトウェア(Target編その2)です。

先回は私がTargetと出会った頃の事を書きました。

今回は、その続きです。

主力のOSが「MS-DOS」から「Windows」に移行した事に併せ、

Targetも「Windows版」に移行していきました。

移行当初は、自分のマシンスペックが低いこと、

幾つもの窓を開けた場合のめんどくささから、

使用時には、かなりストレスが溜まったことを覚えています。

細かい事を言えば、白い背景に目が疲れてしまうことなども有り、

なかなか「DOS版」からの脱却が出来ませんでした。

その後、マシンの入れ替えや、メインマシンをデスクトップから

ノートに変更するなど環境の変化も有り、

動作速度にストレスを感じる事や、ベットに寝ながらの馬券検討など、

Targetとの付き合い方も変化していきました。

逆に言えば、Targetを快適に動作させる為に、

マシンを買い換えてきたとも言うことが出来、

新しいマシンを購入した際は、何よりも先にTargetを

インストールする習慣が身に付いています。

 

Windows版を本格的に使用するようになってからは、

主に「タイムランク」画面を頻繁にチェックする様になり、

各競争条件をどの様に使って絞り込んでいけば、

馬券になる馬が浮かび上がってくるかを、

試行錯誤していました。

また買い目の検討は「DOS」時代のソフトを

併用して、それを一旦買い目画面に入力してから

徐々に絞り込んでいくという方法も実行していました。

JRAの授業料は、この頃が一番高額だった様な気がしますが、

記憶として残っている馬も一番多い時期でした。

(今は、殆ど馬番しかみないので、馬の名前を全然覚えません)

 

自宅は「グリーンチャンネル」を導入していましたが、

投票は「電話投票(プッシュ式)」でしたので、

締め切り間近に、神業的な猛スピードで、

電話のキーをプッシュして投票を行う事も多々有りました。

このおかげで、ずいぶんレースや馬番間違いの投票もしましたが、

「間違いで的中!」の記憶は皆無です。

(そんな虫の好い話は有りませんね)

ただ2重投票や、金額間違いの場合に的中する事が何度か有り、

残高照会で驚いた事も、何回か有ります。

                                    (つづく)

各種ランキングに参加しています。宜しければポチッと御願いします。

にほんブログ村 競馬ブログへ    banner2.gif 人気ブログランキング【ブログの殿堂】  ブログランキング Jc-icon.gif

icon_BL.gif

|

« 「SS」馬の結果集計について | トップページ | 「軸馬」から「馬券」への展開 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535007/10772822

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトウェア(Target編その2):

« 「SS」馬の結果集計について | トップページ | 「軸馬」から「馬券」への展開 »